隠しカメラの中でも手ぶらで使える眼鏡タイプは非常に人気

SITEMAP

超小型カメラ

眼鏡に内蔵されたカメラで目線の映像を記録しよう

コンデジ

目で見た状態に近い動画を撮影するのは、さまざまなシーンで活躍します。防犯や事故記録の撮影、手元の作業をハンズフリーで撮影できるなどができる小型カメラとして、隠しカメラ専門店で購入できる眼鏡型カメラがあります。眼鏡なら手にカメラを持って撮影する必要がなく、例えば手元で細かい作業を行っている動画を撮影したいという際にはカメラワークスを心配する必要がありません。
また、眼鏡型カメラは防犯や事故の映像を記録する際、目線での撮影が可能です。防犯なら犯人の顔を捉えることができます。また、事故の映像ならドライブレコーダーでは補完しきれない運転状況の記録も可能です。隠しカメラ専門店の眼鏡型カメラは、見た目では普通の眼鏡にしかみえず、軽量で高性能なカメラとマイクを内蔵しています。長時間撮影も高解像度で行い、撮影に重要なバッテリーも眼鏡のテンプル部に内蔵されるだけでなく、モバイルバッテリーからの充電も可能です。目線での動画撮影ならカメラを持ち歩けない人混みでもなどでも旅行記録を残すこともできます。また、眼鏡ならどんな作業を行ったままでも撮影でき、カメラを気にする必要もありません。例えば、車を運転しながらでも撮影ができ、ダッシュボードにカメラを設置する必要がないなど安全性もあります。

LATEST RECENT

TOP