隠しカメラの中でも手ぶらで使える眼鏡タイプは非常に人気

SITEMAP

超小型カメラ

いつも携帯している眼鏡がカメラに早変わり

小さなカメラ

「こんな時にカメラがあったらいいのに」と思うことはありませんか。眼鏡型カメラがあれば、どこにいても誰といても、手を使うことなく何にも縛られず、楽に操作することができます。しかも、ごく自然に普段の日常風景を撮影することが出きます。少しだけ例を出して紹介します。
例えばオフィスでの会議時、会議の様子を録画しようということになり、さっそくスマホを起動します。しかし、そのスマホに誰かから連絡があっても、録画中ではなかなか対応できません。しかし、誰かが眼鏡型の小型カメラを持っていたとします。眼鏡のフレームにあるスイッチを入れるだけで、あっという間に録画が開始されれば、だれも自分のスマホのことを心配せず、会議に熱中できるでしょう。
また、こんな時にも活躍します。もしかして、付き合っている相手は浮気しているのではないかと疑いを持ってしまったとき、よく小型カメラは現場を押さえるために使われます。さらに、それが眼鏡に搭載されていれば、普通の小型カメラよりもさらに目立たず調査できるでしょう。そんな眼鏡型の小型カメラは、隠しカメラ専門店で購入を検討してみてください。自分が使いたいと思う、より実践的なカメラが見つかるでしょう。

眼鏡タイプの隠しカメラはドライブレコーダーの代わりにもなります

サイクリングやツーリングなどを楽しむときドライブレコーダーは必要な時代と言われています。眼鏡型カメラは事故を起こしたときの記録にもなりますし、煽り運転でトラブルになったときにしっかりと保存するので証拠も残ります。ドライブレコーダーは高価で買えないという人でも隠しカメラ専門店で購入すれば安く手に入ります。
メモリカードの容量も多いので長時間録画するのにも向いています。眼鏡タイプなら設置する場所にも困らないので運転するときに普通のメガネとしてかけるだけです。自転車やオートバイにカメラを付けるとなると固定しなければならず場合によっては走ってるときに目立ってしまいます。ハンドルに固定するタイプだと振動でブレることがありますが眼鏡なら体がクッションとなるので振動はそれほど大きくないため安定しています。メガネに仕掛けたカメラなら目線に合わせて撮影できるので見たままの状態を記録することができます。
小型カメラでも解像度は鮮明なので暗い夜道でもよく撮れます。これからドライブレコーダーを買おうか迷っているなら小型のカメラを導入することも検討されてみてはいかがでしょう。一昔前のとは違って今の小型カメラは高画質できれいに撮れるので運転する機会の多い人は持っておいて損はありません。

眼鏡型カメラは使いやすい等メリットが多い

小型のカメラを使用したいシーンは様々に想定でき、できるだけレンズが分かりにくいものが人気です。またカメラであることが気付かれにくい形状であれば、どんなシーンでも使いやすいでしょう。そんな小型カメラとして人気なのが、眼鏡型カメラです。これは見た目は眼鏡そのもので、かけて使用できます。レンズが分かりにくい工夫もあるので、自然な状態で撮影できる点が大きなメリットです。
また眼鏡から見える視線で撮影できる点も、撮りやすさで他の小型カメラにはないメリットがあります。眼鏡は誰でも使いやすく、フレームのスタイルも選べるので、小型カメラを検討している方はぜひ眼鏡型カメラを検討してみましょう。自分の視線での映像で撮影できるので、会議や講義の議事録作りにも大変役立ちます。さらにかけたままその風景を撮影できるため、ツーリング時などの利用もおすすめできます。
眼鏡型カメラは隠しカメラ専門店で購入でき、性能の違うものを比較して選べます。シーンによっては暗視での性能が高いものが適していたり、また高画質タイプが好ましいこともあります。目的によっては、レンズの分かりにくさを優先したい場合もあるでしょう。専門店には人気の小型カメラが揃っていますから、しっかり比較して選んでみてください。

LATEST RECENT

TOP